院内における新型コロナウイルス感染症発症のお知らせ(第3報)

2021年1月19日 maki (閲覧数:26391)

 当院の新型コロナウイルス感染発症におけるPCR検査結果についてご報告いたします。
 1月16日(土)濃厚接触者を含む真木病院全職員、非常勤医師合計 297名(既報の感染症発症職員との濃厚接触者、医師を含む32名はすでに実施済みで「陰性」が確認されております)にPCR検査を実施いたしました。

 1月18日(月)PCR検査の結果、新たに職員3名の「陽性」が確認されました。
 感染職員との濃厚接触職員6名が、出勤停止、自宅待機となっています。
 その他の職員294名は「陰性」であることが判明いたしました。

 また、入院患者さまで、感染職員との濃厚接触者が確認された場合は、随時PCR検査を行っております。

 1月18日(月)現在、3名の陽性結果が出たことを受け、管轄の高崎保健所のご指導のもと関係者の調査と感染拡大防止に取り組んでいます。

 院内感染状況から、濃厚接触者の有無を考慮し当局と相談した結果、外来診療及び併設施設である健診センター(人間ドック・健康診断)PETセンター(がん検診)は1月19日(火)~当面の間、休診といたします。また、紹介入院の患者様の受け入れも停止いたします。

※薬の処方は、できますのでご連絡ください。電話:外来医事課 TEL.027-370-3010 で承ります。

 患者様、ご利用者様、ならびに地域住民のみなさまにご心配をおかけいたしましたこと心よりお詫び申し上げます。

 一日も早く収束できるよう今後も感染拡大防止策に努めるほか、診療の再開に向けて改善、準備を行ってまいります。

 今後につきましては随時、迅速な情報公開、丁寧な説明を心掛けてまいりますので、皆様方のご理解とご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

 まずは上記の通り結果ご報告いたします。

これまでの新型コロナウイルスPCR検査陽性結果

(令和3年1月18日 20:00現在)

入院患者 0名(職員との濃厚接触者)
職員 7名(自宅待機または在宅療養)
合計 7名

令和3年1月19日
医療法人真木会 真木病院
理事長・院長 真木 武志