院内における新型コロナウイルス感染症発症のお知らせ(第4報)

2021年1月25日 maki (閲覧数:13484)

段階的な一部診療再開のお知らせ

 真木病院では、勤務する複数の職員が新型コロナウイルスに感染したことに伴い、1月16日から外来診療、健診業務(ドック・健康診断)、救急外来、新規入院患者様の受入れを停止しておりました。
 この度、所管保健所から、感染防止対策に取り組み、新たな感染者の発生がないことを踏まえて再開の許可をいただき、当院感染対策委員会で協議した結果、下記の通り段階的に一部診療を再開することとなりましたのでお知らせいたします。

外来診療について

 1月26日(火)より、対面診療が必要と判断される一部の予約患者様、並びに緊急性の高い外来化学療法患者様、及び手術予定患者様等に限定した、外来診療を一部再開させていただきます。
 ご来院いただく患者様には、直接当院より別途ご連絡させていただきます。

健診センターについて

 1月26日(火)より、健診センター(人間ドック、健康診断、PETがん検診等)につきましては、再開いたします。休診等により発生した受診者様の日程の変更につきましては、随時対応させていただきます。

初診、再診、救急等の外来診療について

 全面再開までの間、休止させていただきます。その他の患者様につきましては、病院機能の全面再開までの間、受診の延期でご対応させていただきます。※処方箋の発行はできますのでご連絡ください。

入院診療について

 全面再開までの間、休止させていただきます。(関係医療機関の皆様からの紹介による入院等)

「訪問看護ステーション 真木」について

 通常通り業務を行っております。

 これまでも感染管理に細心の注意を払って参りましたが、これからも保健所、関係機関のご指導を仰ぎつつ、衛生管理と感染対策を徹底してまいります。
 改めて、病院を利用されている患者様とそのご家族様、地域の医療機関をはじめとする関係者の皆様に、多大なご心配とご迷惑をお掛けしたことを深くお詫び申し上げます。

 まだまだ油断はできませんが、今後の状況を見極めながら、2月1日(月)の病院機能の全面再開に向け職員一同、懸命に準備を進めて参ります。

令和3年1月25日
医療法人真木会 真木病院
理事長・院長 真木 武志