リハビリテーション科

理学療法

理学療法は基本的(立つ、歩く等)な日常生活が送れるよう支援する医学的リハビリテーションで、医学的リハビリテーションの専門職、理学療法士(PT)が担当します。主に下肢(足)の怪我や病気を専門にリハビリテーションを実施しています。体力・筋力、バランス能力、階段昇降や平地歩行の安定性向上に加え、歩行補助具の検討なども行います。

足の関節可動域練習

関節を他動的に動かすことで、関節の可動域を改善・維持を目指す手技の様子です。

※リハビリテーション科のスタッフが制作した動画を掲載しています。音が出ます。

徒手抵抗による筋力運動」の様子

運動に対して徒手的に負荷を加えることで、筋力向上や歩行前訓練としての効果があります。平行棒での歩行練習では、患者さまの症状によって手や足を出す順番やコツを覚えていただきます。これと並行して、杖歩行や歩行器等での歩行練習も行います。

※リハビリテーション科のスタッフが制作した動画を掲載しています。音が出ます。

  1. リハビリテーション科の理念と基本方針
  2. 理学療法
  3. 作業療法
  4. 言語聴覚訓練
  5. 365日リハビリ
  6. 集団リハビリテーション(レクリエーション)
  7. 採用「職場の環境」について

お問い合わせ・ご予約は、真木病院 TEL.027-361-8411 で承ります。